ささブロ

遊戯王が好きな一般人です。

ドラフト調整会レポ0924

先週末、キューブドラフトささっちスペシャルVer5.0になってから初めての調整会が行われました。

 

sasaemachan.hatenablog.com

 人数が集まらず開催が危ぶまれましたが、なんとか前日までに12人集まりました。ありがたい限りです。

 

今回は調整会ということで、自分も参加したのでデッキの選択やピック方針についてまとめ上げていこうかなと思います。

 

ピック方針・及び戦績

まず最初に自分が組み上げたデッキはこちら。

f:id:sasaemachan:20160926235032j:plain

f:id:sasaemachan:20160926235047j:plain

めっちゃキレイに撮れてません?

【魔法使い4エクビート】戦績3-1

詳細な戦績

1回戦 takumiさん【AFオベリスク】×〇ET×

2回戦 案山子さん【ヴェルズ】 ×〇〇

3回戦 らうらてさん【ワイアーム】〇〇

4回戦 しゃけさん【ペンデュラム(?)】 〇〇

 

初めて自分のドラフトで勝ち越せました!

プール構築に力入れすぎてドラフトはエアプ状態だったのでかなり嬉しかったです。

 

・主軸となるピック方針について

最初から、新規採用の魔法罠《黒魔術のヴェール》《黒魔族復活の棺》一番試しやすい【魔法使い】を組む気でいました。

ピック被りが起こったらどうしよう...とか考えていましたが、1巡目のパイルで《霊滅術師カイクウ》を2枚取れたところで目指す方向は確定しました。これで勝つる!

 

そして2巡目のパイル中盤、どれを取っても特に旨味の少なそうに感じるパイルが回ってきたとき、今回一番の神ピックができました。そのカードは《簡易融合》です。

 

その時点で融合体も取れておらず、ランク4もまちまちといった感じでしたが、1巡目及び2巡目に融合モンスターをあまり見ていない(融合モンスターの枚数的に2パイルに1枚しか入っていないという知識があったからというのもあります)ので、これから取れることを期待してピックしましたが、結果的に大成功でした。

 

レシピを見てもわかる通り、その後3体のそれぞれ役割の違う融合体が取れましたし、何より《サウザンドアイズ・サクリファイス》は魔法使い族なので、使った後は《チョコ・マジシャン・ガール》で釣れるという、1度出すと無限湧きの可能性がある最強カードと化します。

 

更に4巡目にピックした《レアフィッシュ》は1巡目に無難にピックしたランク4《深淵に潜む者》の攻撃力を簡単にアップさせられる要員として見込めますし、実際チョコマジと共にかなり役立ちました。パンツァーは使ってません。

 

そして肝心の試したかった魔法罠もクッソ強かったです。

ヴェールは1000ライフが少し重いですがゴリ押しでランク4成立という場面が2回ほどありました。棺も条件がこのデッキだとかなり緩く、手軽に《混沌の黒魔術師》リクルートできるのはかなりの強みになりました。 

※2回戦、案山子さんとの試合でPモンスターを相手取って棺でリクルートしていました。これはルールミスで、後日気付きました。以後気を付けます、申し訳ありません。

 

 

・サブギミック、汎用系の選択肢

ドラフトにおいて、1つのデッキを作るときはいくつかのカテゴリを混ぜて1つのデッキとなるのが理想的です。強すぎず弱すぎない、デッキとしても面白いようになると思っていますし、そうさせようと構築しています。

 

今回【魔法使い】を組むに当たってサブギミックにしたのは【シャドール】です。

このプールだとシャドール単体で組もうとすると、かなりのピック精度を要求されあまり強くなりませんが、サブギミックとしてなら話は違います。特にこのデッキでは「魔法使い族」であるという点がかなり大きく、棺からのリクルートに対応している点や《ラヴァルバル・チェイン》との噛み合いが大きく、幾度となく役立ちました。

 

他のモンスターについてはとにかく「ランク4が目指せるカード」を基準にして選択しました。下級魔法使いがレベル4帯で揃っている点、使い魔系の存在からこれは妥当ですね。《キングレムリン《ジゴバイト》をサーチするのも単純に強いです。強いて言うなら《カゲトカゲ》も欲しかったかも。

 

《魔装戦士 ドラゴディウス》単純にカードパワーが高いからです。ペンデュラムデッキに使われないようにというカットの意味合いも強いです。

ゼピュロスは悪手だったかもしれないですね、一回も効果使ってません。

 

魔法カードはパワーカード枠のドロソが取れなかったので、とにかく引けるカードが欲しかったです。結果《闇の誘惑》《貪欲な壺》に落ち着きましたが、まあ弱いわけがなかった。

 

とにかく欲しかったドロソを集めつつ、サイクロン系も集めるのを怠りませんでした。(結果として《サイクロン》2枚《ギャラクシー・サイクロン》1枚《砂塵の大竜巻》2枚をメインに据えています)

これはなぜかというと、パワーカード帯に「永続魔法」「永続罠」という見える脅威があるからです。

見えるパワーカードがある以上、除去を的確にピックしないと理不尽な負けをするのは日を見るよりも明らかですし、そうならないように除去は大量に仕込まれています。

勿論ペンデュラム対策というのも大きくて、メタゲームならぬメタピックを制するための第一歩とも言えます。

ささドラ経験者からも「ささドラでサイクロン系を取れてないのは初心者」という声もいくつかいただいたりします。

勿論ペンデュラム対策の基本《ペンデュラムストーム》も忘れず2枚いただいていますがね。

 

《王宮の勅命》は、取らない意味なくね?強すぎました。

 

さいごに

結果として、魔法罠をどかしつつ殴るというデッキのコンセプトが仇となりAFに屈してしまいましたが、個人的に3-1という結果はかなり嬉しいもとなりました。順位でいうと勝利数同率2位(2名)オポネント3位という感じです。2位じゃダメなんでしょうか?いやもうこれでいいです十分ですハイ

 

プールの悪い点もそれなりに浮き彫りになったので、次回、Ver5.1のプールを組むのが今からも楽しみです。

 

この記事を読んで「自分もドラフトがやってみたい!」と思ったそこのアナタ!

ぜひ来てください!!一緒にカドボ高槻ドラフトオールしましょう!

面識がなくても初心者でも大歓迎です!ささドラ常連者も面白い人多くて楽しいですよ!

調整会の日程は随時ぼくのTwitterアカウントで告知しますので、そちらのほうもぜひフォローを...。

twitter.com

 

今回はこのへんで、それでは。